遥かに彷徨うわたしの心の言葉 

メモ用紙に溜まっている、わたしの心をいくつか、書き写しています。はるか、はるか昔のわたしがバインダーの中に、閉じ込め、黴の生えた紙たちから、とりだした言葉たちです。

スポンサーサイト

Posted by Nanatsu Michi on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまざまな想い

Posted by Nanatsu Michi on   0 comments   0 trackback

心がちぎれるような、、

そんな、

つよい、つよい、

感情のひきちぎれる、、

恋、、

そういう、どうしようもない、、

生きていることの、

業なのか、、

獣(けだもの)としての、、

人間の雄であることの、、

すざまじい、動物感、、、

生まれ、生き延び、、

おのれの欲する、、

子孫を求める、、

本能の衝動、、

そういうものに、、

辟易はしない、、

生き物なのだから、、

だけれども、、

しっかりと、

つくづく、、

嫌になる、、

そういう、、とことん、、

ただの動物で、、

本能だけの、、

卑猥な雄(おす)であること、、

生まれ得た性として、、

さけられない、衝動だとしても、、

それとともに、、

生きていくことに、、

スポンサーサイト

ひたすら生きることは、夢にむかって生きつづけること

Posted by Nanatsu Michi on   0 comments   0 trackback

四半世紀前、、ななつは、切なくて、、困って、、こんな遺書を書きました、、

http://nanatsumichi.blog137.fc2.com/blog-entry-47.html

今年になって、心から敬愛する演奏家とお話をするたびに、、

重ねる理由は特にないのはわかっているけれど、

ななつの生きてきた生き方を、、

ついつい、勝手に、心の中で重ねてしまう、、

今、回帰して、あの日に戻る事ができるなら、、

とにかく、黙って、迷いさまよう、ななつを抱きしめたい、、

そいういう思いを、、わがままに、、持ち出してしまう、、

いけない、、とは思うのだけれど、、

↓関連、ここにも、、
http://nanatsumichi.blog137.fc2.com/

やさしい言葉が言えない時は、黙っていること、

Posted by Nanatsu Michi on   0 comments   0 trackback

少し、フラストレーションが溜まってる、

そうじゃないだろ、

と、

そういう、ことも感じている、

でも、

それが、一方通行であっては、

ならない、

やさしい言葉は、

今は、ちょっと難しい、、

冷静に、

どこかで、

そう、

それまでは、

黙っていること、、

やさしい言葉が見つからない、、

そういうときは、

黙っているんだよ、、

(と、おとうさんが言ってたでしょ、、ドンすけ、、:映画 バンビより)

言の葉の深層に、、

Posted by Nanatsu Michi on   1 comments   0 trackback

いろいろ、書き綴りたいことがあるのですが、、

書くことによって、固定される、自分自身の感情を、、

今は、固定したくないっていう想いがあって、、

すこし、追記をお休み中です、、

いまある心を、、完全に浄化しつくして、、

もういちど、、ここに、

純粋に、まっすぐに、、

自分の心そのままを、、

そっと、置いていくために、、

そういう、書き方ができるその日が、、

すこしでも、早くくるように、、

そういう、暮らし方を、、

していこうとしている、

まだまだ、、まだまだ、、です、、

こんばんわ

Posted by Nanatsu Michi on   0 comments   0 trackback

すこし、記念日なことがありました。

心のなかで、おめでとう、をいいます。

そして、また、一歩、新しい道をふみだします。

とどまることができるならば、

それはきっともはや、私ではないのかもしれない。

とどまらない、いつも、これからも、、

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。